ホーム > アナプルナ

大型UVプリンタ ANAPURNA M2500i導入のお知らせ

 弊社は新しい出力機として、UVプリンタ「ANAPURNA M2500i」を導入致しました。速乾性の高いUVインクを使用することでこれまで印刷が難しかったメディアへの出力が可能となり、お客様の幅広いニーズにこれまで以上にお応えすることが可能となりました。

 

 日本アグフア・ゲバルト社(以後、AGFA社)製UVプリンタとしては九州地区最大規模となる大型・ハイブリッド方式(ロール&ボード両対応)のもので、ボールペンへの小さなロゴ印刷から大型パネルへのダイレクト印刷まで、より精細によりハイスピードに出力致します。 

    anapruna_main.jpg

 

【主要スペック】

最大メディア幅:2500mm   最大メディア厚:45mm

最大解像度:720×1440dpi  インク:CMYK+LC+LM+White

 

 

【印刷確認済みメディア】

ターポリン(防炎1類2類)、厚手ターポリン、カラーターポリン、マグネットシート、CPボード(スチレンボード)、イルミスパーク®、透明シート、タイベック®、透明アクリル板 等

 

この他にも様々な素材への応用を試験しておりますので、お気軽にお問合せください。

 

【お問合せ先】弊社お問合せフォームまたは電話、E-mailにて受け付けております。

     
【参考 AGFA社による国宝・平等院鳳凰堂「日想観図」復元事業】   

京都にある国宝・平等院鳳凰堂の西面扉の新造復元事業にANAPURNAシリーズが選ばれました。色や質感の再現性、再現後の堂内への環境影響の低さなど、ANAPURNAの持つ高い性能が評価されました。

詳細はAGFA社公式リリース(PDFが開きます)をご覧ください。

 鳳凰堂屏風復元作業  復元された西扉  平等院鳳凰堂全景
復元作業風景 復元された西扉 平等院鳳凰堂 全景
     

弊社はこのような高い信頼と実績を持つAGFA社・ANAPURNA2500iを導入することで、これからも皆様のニーズに応えてまいります。

 
ページトップへ