ホーム > ブログ > Recoボード®の取扱いを開始しました

Recoボード®の取扱いを開始しました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Recoボード®とは

当社は完全リサイクル可能なボード素材「Recoボード®」の出力・加工取扱いを開始しました。

Recoボード®の特徴

Recoボード®はプラスチック容器メーカー(株)アクタが開発・製造しているPS(ポリスチレン)ボードで、使用済みパネルや容器を生産する過程で出る端材を原料として使用した完全リサイクル可能な全く新しいパネルです。

ボード自体のリサイクルによるCO2排出量や新規プラスチック使用量の削減が可能で、従来のPOPやボードをRecoボードに置き換えるだけで簡単に環境活動とブランドイメージの向上に寄与します。

近年注目される国連のSDGsや環境省の「プラスチック・スマート」に対応した素材として、各種マークの表示が可能です。
マークの使用について

パネル to パネルのリサイクルを実現した環境対応型スチレンボードとして、福岡県県産製品リサイクル認定令和2年度 経済産業省産業技術環境局長賞の受賞をはじめ、海洋プラスチックゴミ問題の解決に向けて環境省が推進するプラスチックスマートキャンペーンにいち早く参加するなど、各方面で有効性が注目されています。



リサイクル性のほかにも
・耐水・耐候性(屋外・水濡れもOK)
・軽量(高所への設置も安心)
・反りにくい
・好視認性 など、サイン資材としても非常に魅力的な素材です。

recoボードの特徴
 

なぜ完全にリサイクルが可能なのか?

POPや展示パネルとして使用される一般的なスチレンボード(CPパネル)は、芯材と表面の紙や粘着層の分別の難しさから使用後はそのまま廃棄されています。
一方Recoボード®は全て同一素材のPS(ポリスチレン)でできており、紙や粘着剤を一切使用していません。さらに再生の妨げにならないインクで印刷しているので、使用後の完全リサイクルが可能です。
一般的なボードとの比較

リサイクルの流れ

使用後のパネルは荷札を貼って工場に送っていただきます。回収されたRecoボード®は粉砕・溶解の上、新しいRecoボード®へと再生されます。
リサイクルの流れ

使用シーン

公官庁をはじめ、市役所、歴史資料館などで採用実績があります。民間では大手食品メーカー、化学メーカーなどの展示パネルとしてご採用いただいています。
この他、東京ビッグサイト、東京国際フォーラム、インテックス大阪などで開催された大型展示会の案内・展示パネルとしても実績があります。

※ パートナー企業エーシーシステムサービスの実績 詳細はこちら

  • ・スーパーや小売店のPOP
  • ・イベントや展示会、学会の説明パネル
  • ・工場見学やイベントの記念撮影パネル
  • ・写真展示
  • ・等身大パネル
  • ・各種サイン など

recoボードでの製品例

真四角以外にも様々な形に加工できます

 

仕様

項目 内容
厚み 7mm
大きさ 600×900mm(A1程度)
 ※秋以降900×1800mm板にも対応予定
芯材:黒
表面:白マット
印刷面 片面(一部サイズ両面可能)
重量 650~700g / 615×915mm・7mm
 → 約1245g / ㎡
防炎 素材防炎なし
糊付 なし

Recoボード®×フジアート

我々は大判出力のプロとして、お客様とともにRecoボードを使った新しい価値を創造していきます。

大判・フリーカット対応

Recoボード®専用プリンタと大型デジタルカッター・ZUNDの組み合わせで、量産はもちろん小ロットや試作にも自社対応できます。曲線を含む複雑なカットや、簡易な立体物の設計・制作もお任せください。
現在は615×915mm板のみの取扱いですが、今秋には機材を増強し900×1800mm板にも対応予定です。

様々な環境配慮素材と一緒にご提案可能

当社は独自のサステナビリティ宣言に基づき環境配慮素材の積極的な導入・ご提案をしています。
例えば非塩ビ素材で作るタペストリーや、サーマルリサイクル可能な看板用素材(NOALX™)など、Recoボード®を含めた展示ブース全体のご提案が可能です。

サステナビリティ宣言

お問合せはこちら

【出力・製作について】
 フジアート株式会社 企画室
 TEL:092-963-2307
 お問合せフォームはこちら

【Recoボードメーカー】
 エーシーシステムサービス株式会社

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ