ホーム > サステナビリティ宣言

サステナビリティ宣言(2021年)

サステナビリティ宣言



我々フジアート株式会社(以下、当社)は創業以来40年以上に渡って、横断幕・タペストリー・大型看板などの大判出力物製作を通じて豊かで賑わいのある空間づくりに貢献してきました。

一方で当社の主力商材であるターポリン加工品は短~中期的な利用に終始することが多く、また塩ビ/プラスチック/金属など様々な素材の組み合わせでできていることで処分に多くの手間とコストがかかっています。技術の進展で多くがリサイクルされるようにはなっていますが、結果的に資源を短期間に消費する現在の構造は地球に大きな負荷をかけていると言わざるを得ません。

今回国連の掲げるSDGsの理念に呼応してこれからの経営方針を考えるにあたり、自社やサイン業界のあるべき姿、世間の潮流について多くの時間をかけて議論して参りました。

我々は印刷・出力物のアクセシビリティ(利用しやすさ)や訴求力を信じており、これからもものづくりを通じて広く社会へ貢献していきたいと考えております。これまで磨いてきた印刷・加工力や多くのメーカー様とのつながりを活かし、環境負荷が小さい販促・広告物のご提案やサステナブルな工場運営を経営の中心に据え、未来に責任あるものづくりを進めて参りたいと考え、以下のとおり宣言します。

代表取締役社長 狩野健



1. 環境負荷が小さい販促・広告づくりをともに考えます

ユーザーとメーカーの橋渡し役として、環境に配慮した素材の試験・導入・ご提案を積極的に行います
またメーカーや各種団体が行うリサイクルの取組みに参画し、業界と連携した循環型社会の発展に寄与します

(例えば)

・塩ビ以外を主原料としたりリサイクルが可能な素材の積極的なご提案
(NOALX™、LIMEX™など)

・アクリル内照・FFサインからファブリックサインへの転換のご提案

・スチレンボードから紙製パネルへの転換のご提案

・誰でも/繰り返し貼れる素材を使った新しい施工の仕組みのご提案

・サーマル/マテリアル/ケミカルリサイクルの取組みへの参画

・リサイクル可能なターポリンへの開発協力       など

icon12

2. 「選ばれる工場」づくりを目指します

地域社会の一員として、自らも地球環境への負荷が小さい工場運営を行い、社員一丸となって「選ばれる工場」づくりを目指します

(例えば)

・システム導入や工程改善による廃棄物の削減

・廃棄物の徹底的な分別と適切な処理

・廃液やVOC(揮発性有機化合物)の少ないプリンタ・インクの積極採用

・RoHS2指令/REACH規制など各種環境規制に対応した素材の採用  など

 

なお具体的な達成目標や達成状況については当ページやblogにて適宜ご報告させていただきます。

SDGsとは

SDGsロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省「SDGsとは?」より引用

お問い合わせ窓口

当宣言に関するお問い合わせは下記の窓口までお願い致します。

フジアート株式会社 企画室

住所:〒811-0123 福岡県糟屋郡新宮町上府北3-3-25

メール:info*fuji-art.biz (*を@に変えてください)

電話:092-963-2307(平日9:00~18:00)

履歴

2021年3月24日 宣言

 

 

ページトップへ