ホーム > ブログ > 驚きを与える特殊印刷「フラッシュプリント」印刷取扱い開始のお知らせ

驚きを与える特殊印刷「フラッシュプリント」印刷取扱い開始のお知らせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この度フジアートでは、特殊印刷「フラッシュプリント」の取扱いをはじめましたのでお知らせ致します。
 

フラッシュプリントとは

スマートフォン・デジタルカメラ等でフラッシュ撮影をする際の光が反射する原理を用いて、通常では見えない隠された絵柄が一瞬で表示される最先端の特殊な印刷技術です。
裏面がシールとなっているため、壁への直貼りや等身大パネル、特殊なステッカーなどアイディア次第で様々な活用が可能です。

メディアミックス・体感型プロモーションへの活用

現在、多くの企業がWebマーケティング・SNSに注力している中、フラッシュプリントはフォトスポットで採用され話題となっています。最近では広告・プロモーションのギミックとしてその活用範囲を広げており、SNS拡散の誘導としても多くの注目を集めています。
ハッシュタグでの投稿企画や懸賞企画などと組み合わせユーザーからの参加を促し、ツイッターやインスタグラムで情報拡散を図るなど、企画次第で多種多様なWebコンテンツとのアプローチを図ることも可能です。

フラッシュプリントの仕組み

通常、光が壁や布に当たる際、光は乱反射・鏡面反射します。フラッシュプリントはメディアに含まれているガラスビーズにより、受けた光をそのまま光源に反射させる「再帰反射」を応用した最新の印刷技術です。

フラッシュプリントの仕上がり

印刷物の仕上がりは表面がカラーとブラックのストライプ状となります。そのため、極端に小さい文字やイラスト等はストライプが邪魔をしてきれいに見えない可能性もあります。

フラッシュプリントで出来ること

フラッシュプリントは通常隠れて見えない絵柄をフラッシュ撮影を行うことでフルカラーで撮影できる技術です。この技術を応用し、全く異なる絵柄に変化することが可能になり、より多彩な表現が出来るようになりました。
従来の反射を活用した印刷技術では、フラッシュ撮影した際に出てくる絵柄は単色のみでしたが、フルカラーで再現できるようになりました。
デザインの違う2つの絵柄を組み合わせることで、異なる絵柄へと変化することができる表現技法(チェンジング)も可能です。

フラッシュプリントの効果

より効果的なイメージを製作するために、データ作成時の色の組み合わせごとの効果(見え方)をご紹介します。コンテンツに合わせて、この組み合わせを効果的に活用してください。
注意)通常時に見える絵柄とフラッシュ撮影時に見える絵柄の両方が暗い場合は効果的に見えない(綺麗に光らない)場合があります。

フラッシュプリントの設置場所

FPblog_image8.jpg再帰反射性を利用しているためフラッシュ撮影者と近い目線以外からは通常時に隠れている絵柄が見えることはありません。
しかし、設置場所付近の照明等の入射角と同じ角度に撮影者の目線があるとネタバレの原因となります。人の目線と周囲の光が同じような角度になる設置は避けて下さい。






フラッシュプリントのデータ制作方法

フラッシュプリント入稿時は下記の手順で作成したAdobe Illustrator形式のファイルデータとデザインが確認できるデザインカンプ(pdfもしくはjpeg)をご準備ください。



イラストレーターをお持ちでない方は当社オペレーターがデータ作成をサポートさせていただきます。その他、データの作成方法がわからない、仕組みや仕上がりが気になる…などの担当者様のご質問・ご要望もお気軽にお問い合わせ下さい。

Q&A

Q:大きさはどのくらいのサイズまで作れますか?
A:フラッシュプリントの印刷幅は1.2mまで印刷可能です。短辺が1.2mを超える場合、複数のシートをつなぎ合わせることで大きなサイズでも表現できます。

Q:用意した2つの絵柄が実際にどのように表現されるか想像できません。
A:「フラッシュプリントの効果」の項目を御覧ください。更に詳しく知りたい場合はオペレーターがデザインを確認の上ご説明致します。

Q:シールはどこでも貼れますか?
A:表面が滑らかな壁や板などの平面に適しています。凸凹のあるコンクリート面や布などの壁には適しておりません。

Q:屋外でも使えますか?
A:フラッシュプリントはカメラやスマホなどのフラッシュ撮影によって変化を楽しむため、太陽光がある場所ではフラッシュの光が届きにくくなり効果が薄れます。屋内や直射日光の当たらない場所への設置を推奨いたします。

Q:屋内で設置する際の注意点はありますか?
A:照明の角度によりネタバレの可能性があります。「フラッシュプリントの設置場所」項目をご確認の上、設置環境の照明の調節を行って下さい。

【お問合せ先】
フジアート株式会社 企画室 天野
TEL:092-963-2307
Mail:まずはお問合せフォームからお願い致します。
   https://fuji-art-s.cms2.jp/contact.html
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ